ネットショップに対して懸賞登録によるメルマガ読者集客成功法をアドバイスするサイトです。
007懸賞登録
   コンサルティング 利用ショップ実績 会社概要

   
ネットショップの売上を上げる

ネットショップを開業したらとにかくお客様を集めなければなりません。
「お客様」には2種類あります。「見込客」と「購入客」です。
見込客はハードルの低い順に、アクセス客、メルマガ読者、無料サンプル請求者、オークション入札者に分けられます。
購入客はさらに有料サンプル請求者、1回購入客、リピート客、ロイヤル客に分けられます。
ネットショップで売上を上げていくには、アクセス客からロイヤル客までお客様を育てていく必要があります。
その最初のカギになるのが、メルマガ読者をどれだけ獲得できるかです。
メルマガ読者になってもらえれば、ショップの方からメルマガを配信することができます。
しかもメルマガの配信コストは自社配信しても月1万円程度です。
この月1万円のコストで何百万円もの売上を生み出すカギとなるのがメルマガ読者をどれだけ集められるかです。
メルマガ読者の増やし方

メルマガ読者を増やす方法には下記の方法があります。
(1)トップページにメルマガ登録コーナーを設ける
(2)懸賞登録でメルマガ読者を集める
(3)広告でメルマガ読者を集める

メルマガ読者を集めるのに最も費用対効果の高い方法は懸賞企画を開催し、懸賞サイトに登録し、応募者に対してメルマガ購読を勧めるという手法です。ただこの懸賞企画、懸賞登録の効果的なやり方を知らないために、貴重な資金を投入しながら、メルマガ読者をほとんど集められないショップ様が多く見られます。
懸賞登録全体のステップを知る重要性

懸賞登録でメルマガ読者を集める場合、まずはどんな懸賞商品を出すかから、実際に応募者がメルマガ登録をしてくれるまでの間に、いくつものステップがあります。そしてそのステップごとにクリアしなければならないポイントがいくつもあります。
各ステップのうち1つでも失敗すると極端にメルマガ読者が集まらなくなります。
同じようなことをしているのに、たくさんメルマガ読者を集めているサイトと全く集まらないサイトが出てきてしまうのはこのステップのどこかを掛け違えているのです。
あなたのショップがメルマガ読者をたくさん集められるようになるためには、まず懸賞登録のステップ全体を把握し、各ステップにおいてどんなことに注意しなければならないのかを知る必要があります。
懸賞企画のステップ


(1)ショップが懸賞企画内容を決定する

(2)ショップが懸賞応募ページを作成する

(3)ショップが懸賞登録情報を作成する

(4)ショップが懸賞登録情報を懸賞サイトに登録する

(5)懸賞サイトが審査し掲載する

(6)懸賞ユーザーが懸賞情報を探す

(7)懸賞ユーザーが応募する

(8)懸賞応募サンクスページを見る

(9)懸賞応募サンクスメールを受け取る

(10)ショップがメルマガを発行する

(11)当選者を抽出

(12)当選発表を行う

(13)賞品を発送する
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(1)ショップが懸賞企画内容を決定する
まずは懸賞企画内容を決定します。
「懸賞企画内容」とは賞品カテゴリ、賞品内容、当選者数、入力項目、開催期間などです。
これらはショップ様の顧客ターゲット、集客希望数、予算などを考慮して決定します。
その際下記の点に留意する必要があります。
−賞品内容:自社で売れる商品と懸賞集客賞品は異なる
−当選者数:ポイントとなる人数がある
−入力項目:企画の目的によって入力項目は異なる
−開催期間:予算、集客希望数によって開催期間はことなる
                                                   ▲ページの先頭へ戻る
(2)懸賞ページを作成する
懸賞企画内容が決まったら、実際に懸賞応募ページを作成します。
その際下記の点に留意する必要があります。
−掲載条件:懸賞サイトが掲載してくれる必要条件を満たすようにします。
−却下条件:懸賞サイトが掲載しない条件を排除するするようにします。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(3)懸賞登録情報を作成する
懸賞サイトは何百もあり、各サイトごとに登録する情報が異なります。
各サイトにあわせたフォーマットを作成する必要があります。
また懸賞サイトに掲載される情報はタイトルと企画説明ですので、
魅力のあるタイトル作り、企画説明作りが必要となります。
その際下記の点に留意する必要があります。
−タイトル:シンプルかつ心をとらえるキャッチ
−企画説明:シンプルかつ過不足のない情報
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(4)懸賞登録情報を作成する
懸賞サイトは何百もあり、毎月サイトが新しく開設され、一方で閉鎖
されています。これらの動きを随時把握し、実効性のあるサイトに
登録し掲載してもらう必要があります。
−実稼動性:存在しても更新されていない懸賞サイトが多数ある
−高反響性:掲載されると反響の大きい懸賞サイトに登録する
                                                   ▲ページの先頭へ戻る
(5)懸賞サイトが審査し掲載する
懸賞企画は懸賞サイトに掲載されて始めて効果があります。
懸賞サイトはたいてい懸賞情報ページと懸賞情報メルマガ
を2つもっています。
懸賞サイト、メルマガの両方に掲載されるのが理想です。
懸賞メルマガは掲載数が少ないので、魅力のある企画作り、
登録情報作りが必要です。
−ページ:懸賞情報の審査時期、更新時期を把握する
−メール:メルマガの発行時期、掲載内容を把握する
−再登録:反響の大きいサイトには一度の登録で掲載されなくても再登録する
(ただし再登録しすぎると要注意リストに載るので注意が必要)
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(6)懸賞ユーザーが懸賞情報を探す
懸賞情報が懸賞サイトに掲載されるようになっても、
懸賞ユーザーが実際に目にしてくれなくては、
懸賞応募にまでつながりません。
しいてはそもそも懸賞企画内容をどのように構成するか
まで遡らなければならないのですが、一度懸賞ユーザー
の立場にたって、どのような企画が魅力のある企画なのか
を調べてみるとよいでしょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−カテゴリ:懸賞サイト内の情報にはどのようなカテゴリがあるか
−掲載企画:各カテゴリで掲載されている企画はどのようなものか。
またランキングなどがあるサイトでは、どのような企画が上位に
掲載されているか。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(7)懸賞ユーザーが応募する
懸賞ユーザーが懸賞サイト内で懸賞企画の概要を見て興味をもって
くれたら、ようやくあなたのショップの懸賞ページにアクセスしてくれます。
ところがせっかくアクセスしてくれても、企画内容がよくわからなかったり、
入力項目が多かったりすると、ユーザーはめんどくさいと思って他のページに行ってしまいます。
またせっかくショップの懸賞ページにまでアクセスしてくれたのですから、単に応募だけしてもらったのでは、
懸賞企画の効果は半減します。ショップのコンセプト、販売商品、メルマガ購読の利点などについて、
なるべく多くの情報を知ってもらいましょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−レイアウト:懸賞企画内容がわかりやすいように
−入力項目:懸賞企画の目的に対して必要最小限の入力項目にする。
メルマガ読者を集めたいのであれば、名前、アドレス、メルマガ購読の有無くらいにとどめる。
−情報提供:懸賞応募ページ内にショップのコンセプト、販売商品、
おすすめ商品、メルマガ購読の利点などを掲載する。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(8)懸賞応募サンクスページを見る
ユーザーが入力項目を入力して「応募する」ボタンを押すと
懸賞応募サンクスページが表示されます。
このページは視聴率がほぼ100%であるにもかかわらず
「ご応募ありがとうございました」「トップへ」くらいしか
表示していないショップ様が多く、非常にもったいないです。
懸賞応募サンクスページには、懸賞応募ページと同様に、
ショップのコンセプト、販売商品、メルマガ購読の利点など
について、なるべく多くの情報を掲載しましょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−情報提供:知らせたい内容を懸賞応募サンクスページに
直接表示させる。別ページへのリンクでは効果は半減。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(9)懸賞応募サンクスメールを受け取る
ユーザーは懸賞応募すると同時に懸賞応募内容確認も含めて
懸賞応募サンクスメールを受け取ります。
これも視聴率が高いにもかかわらず、有効活用していない
ショップ様が非常に多いです。
まずは自動返信で懸賞応募サンクスメールを配信できるよう
にし、その内容も応募サンクスページと同様に、ショップの
コンセプト、販売商品、メルマガ購読の利点などについて、
なるべく多くの情報を掲載しましょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−応募内容:応募内容確認のため応募内容を表示する
−情報提供:懸賞応募ページ内にショップのコンセプト、
販売商品、おすすめ商品、メルマガ購読の利点などを掲載する。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(10)ショップがメルマガを発行する
いよいよメルマガ購読を申し込んでくれたユーザーにメルマガを配信します。
メルマガを配信できるようになったからと行って、いきなり売り売りのメールを出しても
読者はすぐに買ってくれるわけではありません。
まずはコミュニケーション作りが大切です。
システム的に可能であれば、初めてメルマガ購読をしてくれた読者には
「はじめてメルマガ」を用意しておいてそれを配信するようにしたいですね。
システム的に初めての購読者と既存の購読者を分ける
ことが出来ない場合は、定期的なメルマガを配信する
ことになりますが、それでも初めてメルマガ購読を
申し込んでくれたユーザーを常に意識しておくことは大切です。
その際下記の点に留意する必要があります。
−準備可能:はじめましてメルマガを配信。
−準備不可:常に新規読者を意識した構成。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(11)当選者を抽出
締切日を過ぎたら当選者を抽出します。
当選者抽出もコミュニケーション戦略の一環です。
売上に結びつきやすい人、コミュニケーションを
とる意思のあるユーザーを抽出しましょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−抽出基準:あらかじめ決めておく。売上を意識。
−前提準備:コメント欄を設けて抽出基準にするのもあり。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(12)当選発表を行う
いよいよ当選者発表です。懸賞応募ユーザーにとっては
これが最も重要な関心事ですから、おざなりにしては
なりません。アクセスも多くなりますから、この機会を
有効に使いましょう。
その際下記の点に留意する必要があります。
−情報提供:知らせたい内容を懸賞応募サンクスページに
直接表示させる。別ページへのリンクでは効果は半減。
                                                   ▲ページの先頭へ戻る

(13)賞品を発送する
当選賞品が届くことは、最大の喜びの瞬間です。
お店に対する印象が最大限に高まっているときですので、
ここでもきちんと情報提供をしましょう。
その際に下記の点に留意する必要があります。
−同梱内容:あいさつ状、当選賞品、商品関連資料
−フォロー:自社商品の場合は後日感想を訪ねる
                                                   ▲ページの先頭へ戻る


問合せフォーム
007懸賞登録コンサルティングを受けたい方は
下記お問合せフォームに必要事項をご記入の上ご連絡ください。
毎日多数のお客様の懸賞登録コンサルティングを行っておりますので、
ご連絡が遅くなる場合がございます。ご了承ください。

会社名  
担当者  
メール  
URL   
紹介者 
問合内容